MENU

転職の回数が多いと採用されるのは困難か

転職活動は、必ず成功するとは限りません。人事選考を受けても、不採用になる事はたまにあります。回数が理由で、なかなか採用されない事もたまにあるのです。ですが回数をカバーできる要素があれば、採用してくれる転職先があるのも事実です。

 

 

1.転職回数が多いとやや厳しくなる

 

 

というのも求職活動を行っている方によっては、ちょっと転職回数が多い事もあります。1回や2回などでなく、数十回となく繰り返している方々も居る訳です。それで人事担当者としては、やはり何回も繰り返している方を少々敬遠する傾向があります。腰が落ち着かないという印象を与えてしまいかねないのは、要注意でしょう。「当社でも同じ歴史を繰り返すのでは」と思われてしまう事もあるのです。ですから回数が多い方々は、少々不利ではあります。

 

 

2.何回までなら転職できるか

 

 

ちなみに2回くらい退職した方々などは、それが少々気になっている事もあります。そういう話を聞いてしまいますと、転職は難しいという不安感が生じて、何回までなら大丈夫なのか気になる事はあるでしょう。一般的には、3回以内が1つの目安と言われています。3回まではギリギリ採用される見込みはありますが、4回以上では少々厳しいという意見が多いです。

 

 

3.回数が多くても積極採用する企業

 

 

しかし「全て」の企業にて、厳しいという意味ではありません。世間には、それこそ数多くの企業があります。回数は関係なく、積極採用している会社もあるのです。現に会社によっては、むしろ回数が多い方が有利になる事さえあります。外資系の会社などは、日本とは少し考え方も異なりますから、若干回数が多い方が採用率が高い事もあるのです。ですから4回以上でも、諦めずに転職活動を行っていれば、いずれ採用される事も珍しくありません。

 

 

4.スキルややる気などで回数をカバーできる

 

 

ちなみに積極採用してくれる会社の場合、過去の職歴ややる気がポイントになるでしょう。ハイレベルなスキルがあると見込まれる職歴がある人材なら、積極採用される事もあります。また回数が多くても、やる気が十分にあると思われた時は採用される企業もあるのです。ですから、やる気をアピールしてみるのも一法でしょう。

 

回数が多くても諦めない

 

 

ですから転職と回数については、

 

  • 回数が多ければ厳しい傾向はある
  • 企業によっては積極採用している事もある
  • スキル等で回数をカバーできる事もある

 

このように言えるでしょう。ですから回数が多いとは言っても、諦める事はありません。前向きに転職を頑張っていれば採用される事もありますから、諦めずに探すと良いでしょう。

 

役立ちサイト:信頼できる転職求人サイトおすすめランキング紹介はこちら | 転職マスターPlus